スポンサーリンク

『金色の死』谷崎潤一郎(講談社文芸文庫)

『金色の死 大正期短篇集』谷崎潤一郎(講談社文芸文庫)

2005年
288頁
定価:1,300円(税別)




目次(収録作品)

金色の死/人面疽/小さな王国/母を恋うる記/富美子の足/途上/青い花

底本:本書は、『谷崎潤一郎全集』第二巻、第五巻~第八巻(’66年12月、’67年3月~6月 中央公論社)を底本として使用し、新漢字新かな遣いに改め(但しカタカナは底本に従ったものもある)多少ふりがなを加えました。

出典:講談社BOOK俱楽部

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange