スポンサーリンク

『第三の脳』傳田光洋(朝日出版社)

『第三の脳―皮膚から考える命、こころ、世界』傳田光洋(朝日出版社)

2007年
222頁




目次(収録作品)

第1章 皮膚は未知の思考回路である
第2章 表皮は電気システムである
第3章 皮膚は第三の脳である
第4章 皮膚科学から超能力を考える
第5章 皮膚がつくるヒトのこころ
第6章 皮膚から見る世界

「第一の脳」は頭蓋骨の中にあります。「第二の脳」は消化器のこと。皮膚こそ「第三の脳」なのです。それほど高度な情報処理を行っているのに、きちんと論じられてこなかった皮膚。デカルトをもじれば、「皮膚思う、ゆえに我あり」とも言うべき、皮膚の潜在的な可能性を論じる、刺激的なサイエンス・エッセイ。

出典:朝日出版社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange