スポンサーリンク

『ふたりの桃源郷』佐々木聰(文藝春秋)

『ふたりの桃源郷』佐々木聰(文藝春秋)

2019年
263頁




目次(収録作品)

第1章 桃源郷のふたり
第2章 山暮らしの終わり
第3章 大阪の娘たち
第4章 変化
第5章 手探りの日々
第6章 三女夫婦の決心
第7章 「心」があれば
第8章 それでも心は山に
第9章 静かに眠る
第10章 ふたりの桃源郷

電気も水道も通っていない中国山地の山奥にポツンとある掘っ立て小屋のような家。そこで暮らす老夫婦の姿を、地元のテレビ局が長年にわたって追い続けた。ニュースや情報番組の中で特集を重ね、節目には番組を制作し、時には全国に向けて放送を続けてきた。この「ふたりの桃源郷」シリーズは放送のたびに大きな反響を呼び、平成28年には映画化。映画『ふたりの桃源郷』は全国で多くの観客が足を運ぶヒットとなり、今も上映が続くロングランとなっている(キネマ旬報文化映画ベストワン)。
本書は約30年にわたる取材をもとにした書籍版である。

出典:講談社BOOK俱楽部


[参考]
「電気も水道もない山奥で暮らす老夫婦が、テレビクルーを大いに焦らせた出来事」佐々木聰(ディレクターの記事)

ふたりの桃源郷

amazon  Kindle  楽天  楽天kobo


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする