スポンサーリンク

『方法文学 世界名作選2 千夜千冊エディション』松岡正剛(角川ソフィア文庫)

『方法文学 世界名作選2 千夜千冊エディション』松岡正剛(角川ソフィア文庫L-500-18)

2020年
464頁




目次(収録作品)

第1章 近代の咆哮(ナサニエル・ホーソーン『緋文字』一四七四夜/ハーマン・メルヴィル『白鯨』三〇〇夜 ほか)
第2章 作家たちの方法(フランツ・カフカ『城』六四夜/アルフレッド・ジャリ『超男性』三四夜 ほか)
第3章 欲望と事件(フランソワ・モーリアック『テレーズ・デスケルウ』三七三夜/デイヴィッド・ハーバート・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』八五五夜 ほか)
第4章 奥の疼き(ボリス・ヴィアン『日々の泡』二一夜/トルーマン・カポーティ『遠い声 遠い部屋』三八夜 ほか)/追伸 方法が作品から零れ落ちている

神話を下敷きにしたジョイス、ハードボイルドなチャンドラー、「方法」を提唱したヴァレリー。彼らは日々の生活を作品に昇華させた。19世紀後半~20世紀前半の世界文学史を転換させた名作を一気に紹介。

出典:KADOKAWA公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange