スポンサーリンク

『作家の自伝38 大田洋子』浦西和彦編(日本図書センター)

『作家の自伝38 大田洋子』浦西和彦編(日本図書センター)

1995年
264頁




目次(収録作品)

屍の街
残醜点々
原子爆弾抄

「屍の町」は人類が世界で最初に原子爆弾の投下を受けた広島の惨状を、身をもって体験した大田洋子の克明な記録。この作品により大田は戦後文学に時代の証言を刻した。

出典:日本図書センター公式サイト


[関連]
『屍の街』大田洋子(日本ブックエース)

『屍の街 大田洋子 原爆作品集』(小鳥遊書房)

『屍の街/半人間』大田洋子(講談社文芸文庫)
amazon  Kindle  楽天kobo

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange