スポンサーリンク

『創発の生命学』佐藤直樹(青土社)

『創発の生命学―生命が1ギガバイトから抜け出すための30章』佐藤直樹(青土社)

2018年
286頁




目次(収録作品)

第1部 プロローグ―測れる生命と動的な生命
第2部 生命論の歴史の四つの側面
第3部 1ギガバイトの生命
第4部 わきあがる生命
第5部 改めて考える生命の法則
第6部 人間だけがもつ情報
第7部 エピローグー不均一性と創発

DNAは情報量としては1ギガバイトにも満たない。そのなかに、生命のすべてが刻み込まれているのか?「DNAは、川の流れのなかの1本の杭(くい)に過ぎない」。自由エネルギー、不均一性、フィードバックなどの概念を用いながら、生命をDNAに「還元」するのではなく、エネルギーの流れのなかで「創発」するものであることを明らかにする。
生物学の“当たり前”に挑戦する意欲作!

出典:青土社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする