スポンサーリンク

『ラテンアメリカ民話集』三原幸久編(岩波文庫)

『ラテンアメリカ民話集』三原幸久編(岩波文庫)

2019年
352頁




目次(収録作品)

地図(本書に民話がのっている国々)
1 動物譚
 1 ネコの夫婦(アメリカ・コロラド州)
 2 ウサギとトラ(プエルトリコ)
 3 子ヤギ(アルゼンチン)
 4 こがねの足をもったヒヨコ(アルゼンチン)
 5 シカと海ガメ(キューバ)

2 本格民話
 6 愛の三角宮殿(アルゼンチン)
 7 歌う袋(ブラジル)
 8 ヘルンビー(ベネズエラ)
 9 死神の名付け親(ドミニカ共和国)
 10 死体のはらわた(アルゼンチン)
 11 魔法をかけられた三人の王女(ドミニカ共和国)
 12 ヘビの恋人(ペルー)
 13 悪魔の三本の毛(ドミニカ共和国)
 14 あらずもがなのことば(コスタリカ)
 15 忠義な家来(プエルトリコ)
 16 七色の鳥(アメリカ・ニューメキシコ州)
 17 素晴らしい魔法の鳥(コスタリカ)
 18 魔法のテーブル掛け(エクアドル)
 19 ナンシと王女(キュラソー)
 20 ウイキョウの輪とシラミの皮(メキシコ)
 21 手なし娘(プエルトリコ)
 22 オリーブの花(プエルトリコ)
 23 神父を殺した少年(メキシコ)

3 笑話
 24 ゆで卵からヒヨコはかえらない(プエルトリコ)
 25 少女と王子(メキシコ)
 26 手まねで話す神父(チリ)
 27 たちの悪い王さま(アメリカ・フロリダ州)
 28 知らない人に買ってもらいな(グアテマラ)
 29 ホアンとチキチン(ドミニカ共和国)
 30 ホアン・ソンソとペドロ・アニマル(ドミニカ共和国)
 31 ペドロ・デ・ウルデマラス(プエルトリコ)
 32 さっかく(ブラジル)
 33 いちばん良い夢(プエルトリコ)
 34 ジョアン・グルメテ(ブラジル)

4 形式譚
 35 十二の数え歌(チリ)
 36 ゴキブリのマンディンガ(コスタリカ)
 37 果てなし話(ブラジル)

ラテンアメリカ民話の研究のあらまし 三原幸久

ラテンアメリカに広く分布し代表的なもの,日本の昔話に関係がありそうなものを中心に37話を精選.それぞれの民話が世界の他地域でどのように変奏されているかなどについて,簡略適確な解説を付す.内容により,動物譚,本格民話,笑話,形式譚に分類.スペイン語文化圏であるアメリカ南西部旧メキシコ領で採話された民話も含めた.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange