スポンサーリンク

『力士の世界』33代木村庄之助(角川ソフィア文庫)

『力士の世界』33代木村庄之助(角川ソフィア文庫)

2015年
187頁




目次(収録作品)

第1章 相撲は神事(番付の読み方/力士も行司も十両で一人前/関取だけに許されること ほか)
第2章 いつも厳しい勝負の世界(力士と同じ土俵に立つ怖さ/力士は立合いにすべてを賭ける/立合いは阿吽の呼吸 ほか)
第3章 相撲部屋はひとつの家族(最初の親方が自分のボス/力士以外の構成要員/部屋によって違うちゃんこの味 ほか)

四股、力水、塵浄水、弓取り、手刀――。力士の独特の所作は、いにしえからの神事に由来する。謎と不思議に満ちた相撲の基礎知識を元立行司が紹介。歴史やしきたり、伝統に裏づけられた作法、決まり手とルール、力士たちの稽古の様子や一日の過ごしかた、行司・呼出・床山の役割など、江戸時代以来の文化がそのまま残る「国技の世界」を案内。52年間、土俵の上で過ごした行司ならではの視点を交えて、相撲の楽しさを描き出す。

出典:KADOKAWA公式サイト

本書は、『力士の世界』(文春新書)の文庫版。

[関連]
『力士の世界』33代木村庄之助(2007・文春新書)189頁
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange