スポンサーリンク

『異説 数学者列伝』森毅(ちくま学芸文庫)

『異説 数学者列伝』森毅(ちくま学芸文庫)

2001年
221頁




目次(収録作品)

鶏になった男の話―タレス、ピタゴラス
エジプト十二面体の秘密―ツェノン、ユークリッド
地中海の青かったころ―アルキメデス
魔術競数理方程―フォンタナ、カルダノ、フェラリ
旅占星師に初雪が舞った―ケプラー
女といっしょに起きるな―デカルト
蒼ざめた死者からの手紙―パスカル
錬金術師が結石になった―ニュートン
キングは入城、クィーンは死んだ―ライプニッツ
大家長―ベルヌーイ〔ほか〕

数学の歴史をつくった大数学者30人の生涯。しかし、そこは森先生、エライ人ばかり登場する「数学主義史観」の本は大きらい、「ボロボロ史観」で迎え撃つ。彼らはみな、悲劇的で喜劇的なのである。数学者を序列化して30番までを選ぼうなどという趣味はないので、その選択はかなり恣意的である。各篇はまったく独立で、関心は数学者たちの“数学”にではなく“人間”のほうにある。数式は出てこないから、ご安心。昨今の理科ばなれ、学力低下を嘆くあなたには、きっとキツイ一服に。そんな異色の数学者列伝。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。