スポンサーリンク

『増補 「名づけ」の精神史』市村弘正(平凡社ライブラリー)

『増補 「名づけ」の精神史』市村弘正(平凡社ライブラリー)

1996年
185頁




目次(収録作品)

物への弔辞
都市の周縁
都市の崩壊――江戸における経験
断片の運動――一九二〇年代断章
精神の現在形
「失敗」の意味――映画『水俣の甘夏』が指し示すもの
そぎ落とす精神――ブレッソン『抵抗』をめぐって
或る思想家の死
「死の影」の行方
「名づけ」の精神史
逆向きに読まれる時代

分裂病者の世界に、「名づけ」の経験の変容に、路地の文化史に、「乏しき時代」現代の精神のありかを見とる。多領域の論者に深く静かな衝撃を与えつづける思索。解説=吉増剛造

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。