スポンサーリンク

『フェルメールになれなかった男』フランク・ウイン(ちくま文庫)

『フェルメールになれなかった男―20世紀最大の贋作事件』フランク・ウイン、小林頼子・池田みゆき訳(ちくま文庫)

2014年
393頁




目次(収録作品)

序説
プロローグ―一九四五年七月七日アムステルダム
贋作者の若き芸術家としての日々
再生を企てる男
思いがけなく英雄に
エピローグ―ロンドン二〇〇四年七月七日

秀れた才能を持ち、将来を嘱望された画家は、なぜ贋作作りに手を染めることになったのか。第二次大戦終結直後のオランダで、ナチの元帥ゲーリング所蔵の「フェルメールの絵画」に端を発して明らかとなった一大スキャンダル事件に取材。高名な鑑定家や資産家たちをもまんまと欺いた世紀の贋作事件を通して、美術界の欲望と闇を照らし出し、名画に翻弄される人々の姿を描き出した渾身作。

出典:筑摩書房公式サイト

本書は、『私はフェルメール―20世紀最大の贋作事件』の文庫版。

[関連]
『私はフェルメール―20世紀最大の贋作事件』フランク・ウイン、小林頼子・池田みゆき訳(2007・武田ランダムハウスジャパン)
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする