スポンサーリンク

『奪われし未来 増補改訂版』シーア・コルボーンほか(翔泳社)

『奪われし未来 増補改訂版』シーア・コルボーン、ダイアン・ダマノスキ、ジョン・ピーターソン マイヤーズ、長尾力訳(翔泳社)

増補改訂版2001年
466頁




目次(収録作品)

前兆/有毒の遺産/化学の使者/ホルモン異常/子孫を絶やす五〇の方法/地の果てまで/シングルヒット/ここにも、そこにも、いたるところに/死の年代記/運命の転機/がんだけでなく/わが身を守るために/不透明な未来/無視界飛行:「奪われし未来」以後の世界/未来を奪われないために

環境ホルモンの存在を世に知らしめたベストセラーの増補改訂版である。日本での初版刊行は1997年9月だが、その影響はあまりにも大きく、環境ホルモンをめぐる状況は一変してしまった。それをフォローするために、原著者による「『奪われし未来』以後の世界」「未来を奪われないために」「おわりに」の3章と、環境ホルモン学会副会長の井口泰泉による日本の現状についての解説が加えられている。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする