スポンサーリンク

『杳子・妻隠』古井由吉(新潮文庫)

『杳子・妻隠』古井由吉(新潮文庫)

改版1979年
272頁




目次(収録作品)

杳子
妻隠
解説 三木卓

“杳子は深い谷底に一人で坐っていた。”神経を病む女子大生〈杳子〉との、山中での異様な出会いに始まる、孤独で斬新な愛の世界……。現代の青春を浮彫りにする芥川賞受賞作「杳子」。都会に住まう若い夫婦の日常の周辺にひろがる深淵を巧緻な筆に描く「妻隠」。卓抜な感性と濃密な筆致で生の深い感覚に分け入り、現代文学の新地平を切り拓いた著者の代表作二編を収録する。

出典:新潮社公式サイト

「杳子」第64回(1970年下半期(決定発表は1971))芥川賞。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange