スポンサーリンク

『斎藤茂吉随筆集』(岩波文庫)

『斎藤茂吉随筆集』斎藤茂吉、阿川弘之・北杜夫編(岩波文庫)

2003年
355頁




目次(収録作品)

念珠集抄/玉菜ぐるま/紙幣鶴/接吻/ドナウ源流行/妻/探卵患/リギ山上の一夜/蕨/日本媼〔ほか〕

独特のユーモア感覚とみがき抜かれた芸術品ともいうべき文章で、熱烈なファンの多い斎藤茂吉(1882-1953)の珠玉の随筆集。日本人のヨーロッパ紀行の白眉といわれる「ドナウ源流行」「接吻」「妻」等のいわゆる滞欧随筆を中心に、幼少期の思い出を語る名篇「念珠集」や「島木赤彦臨終記」「巌流島」等代表的散文27篇を収録。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange