スポンサーリンク

『古典落語 続』興津要編(講談社文庫)

『古典落語 続』興津要編(講談社文庫)(全6巻)興津要編(講談社文庫)(本書は上下巻につぐ第3巻)

1972年12月15日初版発行
717頁




目次(収録作品)

堀の内
二十四孝
真田小僧
しめこみ
おせつ徳三郎
しの字ぎらい
五人まわし
疝気の虫
大工調べ
ろくろ首
町内の若い衆
万金丹
蛙茶番
宮戸川
文ちがい
王子のきつね
汲み立て
火事むすこ
ひとつ穴
妾馬
品川心中
引越しの夢
紙入れ
そばの殿さま
富久

上方編
住吉駕籠
どうらん幸助
貝野村
百年目
千両みかん
たちぎれ
池田の猪買い
三十石
お玉牛
ざこ八

解説
落語鑑賞のために
落語家、名人・奇人伝 興津要

※本書のアマゾンのリンクが『古典落語(続)』(2004・講談社学術文庫)になっているが、これは再編集された収録作品が異なる別の本なので注意。(情報は記事作成時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange