スポンサーリンク

『[新装版]レズビアン短編小説集』ヴァージニア・ウルフほか(平凡社ライブラリー)

『[新装版]レズビアン短編小説集 女たちの時間』ヴァージニア・ウルフほか、利根川真紀編訳(平凡社ライブラリー)

新装版2015年
384頁




目次(収録作品)

マーサの愛しい女主人(セアラ・オーン・ジュエット)
ライラックの花(ケイト・ショパン)
トミーに感傷は似合わない(ウィラ・キャザー)
シラサギ(セアラ・オーン・ジュエット)
しなやかな愛(キャサリン・マンスフィールド)
ネリー・ディーンの歓び(ウィラ・キャザー)
至福(キャサリン・マンスフィールド)
エイダ(ガートルード・スタイン)
ミス・オグルヴィの目覚め(ラドクリフ・ホール)
存在の瞬間―スレイターのピンは役立たず(ヴァージニア・ウルフ)
ミス・ファーとミス・スキーン(ガートルード・スタイン)
無化(デューナ・バーンズ)
外から見た女子学寮(ヴァージニア・ウルフ)
女どうしのふたり連れ(ヘンリー・ヘンデル・リチャードスン)
あんなふうに(カースン・マッカラーズ)
なにもかも素敵(ジェイン・ボウルズ)
空白のページ(イサク・ディーネセン)

まだ女性どうしの愛が「口にだせなかった」十九世紀末から二十世紀前半。切なさ、絶望、驚き、そして喜び―女性あるいは男女両方のパートナーを持った女性作家たちが描く、深くて複雑な女どうしの物語十七編。小説を読む幸せが詰まった珠玉のアンソロジー。

アマゾン商品説明より

&nbsp
[関連]
『女たちの時間―レズビアン短編小説集』利根川真紀編訳(1998・平凡社ライブラリー)旧版
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange