スポンサーリンク

『天皇の日本史』井沢元彦(角川文庫)

『天皇の日本史』井沢元彦(角川文庫)

2020年
496頁




目次(収録作品)

神話と天皇
天皇とは何か
神武天皇(初代)と崇神天皇(第一〇代)
欠史八代(第二代~第九代)
垂仁天皇(第一一代)
景行天皇(第一二代)
応神天皇(第一五代)
仁徳天皇(第一六代)
雄略天皇(第二一代)
継体天皇(第二六代)
欽明天皇(第二九代)
敏達天皇(第三〇代)と用明天皇(第三一代)
推古天皇(第三三代)
聖徳太子
天智天皇(第三八代)と天武天皇(第四〇代)
持統天皇(第四一代)
元明天皇(第四三代)と元正天皇(第四四代)
聖武天皇(第四五代)
称徳天皇(第四八代)
光仁天皇(第四九代)と桓武天皇(第五〇代)
平城天皇(第五一代)
嵯峨天皇(第五二代)
文徳天皇(第五五代)と清和天皇(第五六代)
陽成天皇(第五七代)と光孝天皇(第五八代)
宇多天皇(第五九代)
冷泉天皇(第六三代)
後三条天皇(第七一代)
白河上皇(第七二代)
崇徳天皇(第七五代)と後白河天皇(第七七代)
後醍醐天皇(第九六代)
長慶天皇(第九八代)
後奈良天皇(第一〇五代)
正親町天皇(第一〇六代)
後水尾天皇(第一〇八代)
東山天皇(第一一三代)
光格天皇(第一一九代)
孝明天皇(第一二一代)と明治天皇(第一二二代)
大正天皇(第一二三代)
昭和天皇(第一二四代)
平成の天皇(第一二五代)

本当の日本史は、「天皇」なくして語れない!

天皇はなぜ日本で一番偉いのか。皇帝でも国王でも君主でもない、日本独自の「天皇」はどのように生まれ、歴史にどんな影響を与えてきたのか。神武・継体・持統・後白河・正親町・昭和ほか、キーとなる54人を選び、現代まで続く日本史の大きな因果関係のなかで、その事績を読み解く。通説やタブーを乗りこえ、従来の歴史教育が無視してきた事実と常識を学び直す、「この国のかたち」を知るための歴史入門講義。便利な「歴代天皇一覧」付き。

出典:KADOKAWA公式サイト

本書は、おそらく『天皇の日本史』(2018・角川書店)と『天皇の日本史 II』(2019・角川書店)をまとめて文庫化したもの。

[関連]
『天皇の日本史』井沢元彦(2018・角川書店)単行本
amazon  楽天

『天皇の日本史 II』(2019・角川書店)単行本
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。