スポンサーリンク

『平凡―他六篇』二葉亭四迷(岩波文庫)

『平凡―他六篇』二葉亭四迷(岩波文庫)

改版2005年
203頁




目次(収録作品)

平凡
出産
雑談
余が言文一致の由来
余が翻訳の標準
私は懐疑派だ
予が半生の懺悔

二葉亭(1864-1909)がのこした長篇小説は三篇で、『平凡』はその最後、最晩年の作品である。文学に対する懐疑を文学者の懺悔として表現した自伝小説で、平易な名文で彼の心が素直にしみ出た作品となっており、沈痛・謙抑な晩年の風貌をよく伝えている。談話その他、彼の晩年の思想を知る上で重要な六篇を併収。(解説=中村光夫)

本書表紙(カバー)より


[関連]
『平凡・私は懐疑派だ―小説・翻訳・評論集成』二葉亭四迷(1997・講談社文芸文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。