スポンサーリンク

『歴史の真贋』西尾幹二(新潮社)

『歴史の真贋』西尾幹二(新潮社)

2020年
366頁




目次(収録作品)

第1部(神の視座と歴史―「神話」か「科学」かの問いかけでいいのか/神の歴史の行方―文明のオリジンを持たない日本人)

第2部(ニーチェの言葉「神は死せり」は日本人にとって何を意味するか/ニーチェの言語観にこと寄せて/真贋ということ―小林秀雄・福田恆存・三島由紀夫をめぐって/小林秀雄と福田恆存の「自己」の扱いについて)

第3部(「日本」という名のイデオロギー―一九七〇年代の日本人論はどのようにしてイデオロギーになったか/昭和の連続性―歴史に戦前と戦後の区別はない/「昭和のダイナミズム」考―思想の地下水脈を外国にふさがれたままでいいのか)

神と人間について。歴史について。戦争について。ニーチェ、ショーペンハウアー、本居宣長、小林秀雄、福田恆存……碩学の思考を読み解き、時に批判も辞さず、崖っぷちの日本に今こそ必要なものは何かを問う。真の保守思想家の半世紀におよぶ論考と基軸のぶれない発言のエッセンスを集大成した論集。

出典:新潮社公式サイト

歴史の真贋

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange